Longhorn PHP 2019 Schedule

lcg_value

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

lcg_value複合線形合同法

説明

lcg_value ( void ) : float

lcg_value() は、(0, 1)の範囲の疑似乱数を返します。 この関数は、周期が 2^31 - 85 および 2^31 - 249 の 2 つの CG を組み合わせます。 この関数の周期はこれら 2 つの素数の積と等価です。

警告

この関数が生成する値は、暗号学的に安全ではありません。そのため、これを暗号として使ってはいけません。暗号学的に安全な値が必要な場合は、random_int()random_bytes() あるいは openssl_random_pseudo_bytes() を使いましょう。

返り値

(0, 1) の範囲の疑似乱数を、浮動小数点数で返します。

参考

  • rand() - 乱数を生成する
  • mt_rand() - メルセンヌ・ツイスター乱数生成器を介して乱数値を生成する

add a note add a note

User Contributed Notes 3 notes

up
10
daniel dot baulig at gmx dot de
9 years ago
Choose your weapon:
<?php
function mt_randf($min, $max)
{
    return
$min + abs($max - $min) * mt_rand(0, mt_getrandmax())/mt_getrandmax();
}
function
lcg_randf($min, $max)
{
    return
$min + lcg_value() * abs($max - $min);
}
function
randf($min, $max)
{
    return
$min + rand(0,getrandmax()) / getrandmax() * abs($max - $min);
}
?>
up
6
rok kralj gmail com
11 years ago
An elegant way to return random float between two numbers:

<?php
function random_float ($min,$max) {
   return (
$min+lcg_value()*(abs($max-$min)));
}
?>
up
-9
Linndows
2 years ago
I think best example...
<?php
$x
=0;
while(
$x<=5){
$x++;
echo
lcg_value()+$x."\n";   }
     echo
lcg_value()+$x-(2*lcg_value()); echo "\n";
?>
To Top