PNWPHP 2017 CfP

array_uintersect

(PHP 5, PHP 7)

array_uintersectデータの比較にコールバック関数を用い、配列の共通項を計算する

説明

array array_uintersect ( array $array1 , array $array2 [, array $... ], callable $value_compare_func )

データの比較にコールバック関数を用い、配列の共通項を計算します。

パラメータ

array1

最初の配列。

array2

2 番目の配列。

value_compare_func

比較関数は、最初の引数と二番目の引数の比較結果を返します。最初の引数のほうが二番目の引数より大きい場合は正の数を、二番目の引数と等しい場合はゼロを、そして二番目の引数より小さい場合は負の数を返す必要があります。PHP 7.0.0 より前のバージョンでは、この整数が -2147483648 から 2147483647 までの範囲におさまる必要がありました。

int callback ( mixed $a, mixed $b )

返り値

他の全ての引数に存在する array1 の値を全て有する配列を返します。

例1 array_uintersect() の例

<?php
$array1 
= array("a" => "green""b" => "brown""c" => "blue""red");
$array2 = array("a" => "GREEN""B" => "brown""yellow""red");

print_r(array_uintersect($array1$array2"strcasecmp"));
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [a] => green
    [b] => brown
    [0] => red
)

参考

  • array_intersect() - 配列の共通項を計算する
  • array_intersect_assoc() - 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を確認する
  • array_uintersect_assoc() - データの比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する
  • array_uintersect_uassoc() - データと添字の比較に個別のコールバック関数を用い、 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
7
Nate at RuggFamily dot com
10 years ago
I want to stress that in the user function, you do need to return either a 1 or a -1 properly; you cannot simply return 0 if the results are equal and 1 if they are not. 

The following code is incorrect:

<?php
function myfunction($v1,$v2)
{
if (
$v1===$v2)
    {
    return
0;
    }
return
1;
}

$a1=array(1, 2, 4);
$a2=array(1, 3, 4);
print_r(array_uintersect($a1,$a2,"myfunction"));
?>

This code is correct:

<?php
function myfunction($v1,$v2)
{
if (
$v1===$v2)
    {
    return
0;
    }
if (
$v1 > $v2) return 1;
return -
1;
}
$a1=array(1, 2, 4);
$a2=array(1, 3, 4);
print_r(array_uintersect($a1,$a2,"myfunction"));
?>
To Top